ローコスト住宅でお望みの環境をGET|増々良い暮らし

インテリア

寺社を手掛ける大工とは

インテリア

大工の分類に注意

大工と言うと一般的な物件の建築や補修に関わるイメージが強いですが、特に寺社の手入れを専門とする方々を宮大工と呼びます。同じ大工という職業でも、大工と宮大工では様々な違いがあります。まず、大工が5年以内は修行期間を終えて実際の建築に関わることが多いのに対し、宮大工は10年以上の修行を積むことが多いです。大工は現代的な建築方法を学び、実際の建築に携わりながら最新の建築や流行を学びます。一方で寺社はほとんどが木造な上に、各時代に特徴的な建築方法を理解してそれを再現する必要があるため、どうしても修行に時間が掛かってしまいます。修行期間に違いはありますが、大工も宮大工も高度な技術を持っており、それぞれ秀でた得意分野があることに注意しましょう。

古風な建築方法の取り入れ

昔は寺社の建築を担当し、現代では寺社の修築を専門的に行うことが多い宮大工ですが、その技術を一般的な建築に取り入れる動きがあります。宮大工は日頃担当している建築が上質な和室空間であることが多く、一般的な物件の和室を伝統的な雰囲気に仕上げることが可能です。そのため、日本に留まらず日本文化や和室に関心が高い海外からも宮大工は注目を集めています。宮大工に建築を依頼する際は、期間を長めに設定して一般的な大工にも建築に携わってもらう工夫が大切です。宮大工は全て手作業で建築を行うため、大工よりは時間が掛かります。そこで、特にこだわりたい部分を宮大工に依頼し、残りの部分は大工に依頼することで建築期間を短縮できます。